近い将来に向けて

2018年4月より、小型AIロボットを教材として、AIやロボット工学、コンピュータビジョン機能や経路計画機能について探究を開始しました。

近い将来に向けての取組み」よりご覧ください。